皆様、一日に推奨されている果物の摂取量はどれくらいかご存知ですか?
一日200g(可食部150g)です。
200gとは、みかん2個分 バナナ1本分くらいです。

しかし、日本人の平均摂取量は119.2(2004年調べ)。世代別にみると、50代、60代、70代~の摂取量は150g~と多いのですが、20代、30代は平均75gと少なくなっています。

最近では、果物嫌いの子どもも増えて、私の周りでも「苺がすっぱくて食べられない!」と言っている3歳児がいて、びっくりしました。

若い人の果物離れが進んでいそうで、心配になります・・・・

そんな果物ですが、ビタミン・ミネラル・ポリフェノールが豊富!水分もたっぷり、食物繊維もたっぷり。ぜひ、一日一種類でもいいので食生活に取り入れていただきたいです。

そして、果物は、加工食品と違い、『旬』を感じることもできます。
今は、メロン・マンゴー・さくらんぼの季節ですね!この時期にできる果物は、この時期の私たち体に必要な栄養がたっぷり含まれているのです。

さて、今日はメロンについて少し・・・

マスクメロンのように高級イメージのあるメロンですが、様々な品種があり、アンデスメロンやプリンスメロン、赤肉のクインシーメロンやレノンメロンなど、、手ごろな値段で手に入るメロンもたくさんあります。
メロンは、食べ時を見極めるのが大事ですので、手ごろなメロンでも、熟して食べごろになっていれば、十分美味しいんですよ!

見極め方は・・・
お尻の部分に弾力を感じ、香りがしてきたら食べごろです。
それまでは、必ず常温保存!!香りがしてきて、食べるぞ!と思ったときに、2~3時間冷蔵庫で冷やして召し上がってください。冷やしすぎると味が落ちるので注意が必要です。

今を逃すと、また一年、旬のメロンは食べられませんよ~。ぜひ、スーパーでみかけたら購入してみてください。

 

健康リッチ・無料メルマガに登録しよう!

もっと詳しく知りたい方は、メルマガにご登録下さい。健康情報を定期的に無料で提供します。

メールアドレス

お名前

セミナー